肌の弱い人は医療レーザー脱毛を

肌の弱い人や敏感肌の人は、永久脱毛に踏み切ることができずに自己処理を繰り返してしまうケースがあります。

しかし、自己処理は決して安全なものではなく、場合によっては色素沈着や肌荒れの原因になります。

また、ダメージが蓄積されていると更にバリア機能が弱まってトラブルを引き起こしやすい状態になりますので、肌のためには永久脱毛をしてしまった方が安心です。

永久脱毛を行う際、医療レーザー脱毛とエステによる光脱毛が比較されることが多いのですが、出力の弱い光脱毛の方が安全だとは一概にはいえません。



というのも、この手の施術では施術を行う側の技術力が重要であり、正しい知識を持っていないと予想外のことが起こった時に対処することができません。
医療レーザー脱毛なら医療機関ですのでその都度適切な処理が行われますし、万が一肌に異変が表れてもすぐに合う薬が処方されます。



また、医療レーザー脱毛は個々の毛質や肌のコンディションに合わせて細かく照射出力を調整してくれますので、効果を最大限に引き出しつつ、安全な範囲で処理を行うことができます。



照射の際の判断には知識だけでなく経験も必要になり、正しく判断することでリスクを下げることができます。

肌が弱くて心配だという方でも、相談してみたら施術が行える可能性もあります。医療機関ではリスクが高いと判断されたら施術をすすめるようなことはしませんので、問題なしと確認できれば安心して受けることができます。