脱毛サロンの脱毛方法は

脱毛サロンでの脱毛方法は、フラッシュ脱毛と呼ばれるものが主流になっています。

フラッシュ脱毛は体毛の色素に反応する光の作用を利用し、毛根に熱のダメージを与えて細胞を破壊することで脱毛するという仕組みの脱毛方法です。このメカニズムは医療レーザー脱毛とほぼ同じであるため、両者の違いがどこにあるのか疑問に思うという人は少なくないようです。
フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の最大の違いは、出力の違いにあります。

脱毛サロンで使用されるフラッシュ機器は医療レーザー脱毛で使用されるレーザー機器に比べて出力が低く、そのため脱毛効果はやや劣りますが肌への刺激が少ないというメリットがあります。フラッシュもレーザーも、照射時に発生する熱によって肌に痛みが生じるのですが、フラッシュの場合は痛みを感じにくくなっています。

出力の違いによる部分もありますが、脱毛サロンでは照射前に肌を保護するためのジェルを塗るため、その効果によっても痛みが軽減されています。

フラッシュ脱毛では、一度の施術で処理できるムダ毛は全体の内のわずかなので、完全にムダ毛がなくなるまでには複数回施術を受ける必要があります。



回数は脱毛する部位やもともとの毛量の違いなどによって異なりますが、目安としては8~12回程度とされています。



また1回毎の施術は2~3ヶ月を開ける必要があり、合計でかかる期間は長期間になりますので、理解した上で脱毛にのぞみましょう。