レーザー脱毛のリスクとは

医療レーザー脱毛は、医療機関で行われる脱毛方法なので、パーフェクトに安全なイメージがあるかもしれません。


しかし、何事にもリスクはつきものです。

無駄に心配することはありませんが、利用レーザー脱毛における、リスクも知っておくことで、より理解が深まりやすくなります。



医療レーザー脱毛のリスクとして挙げられるひとつは、ヤケドでしょう。これが最もメジャーなリスクです。黒い色に反応するのが、医療レーザー脱毛の特徴です。
黒い色をキャッチして、熱に変換して毛乳頭などを破壊していきます。

通常の脱毛の施術であれば、クリニックのスタッフが、細心の注意を払いながらお手入れをしてくれます。



気をつけたいのは日焼けをしてしまって、いつもよりも極端に肌の色が黒いと、その黒い肌の色に反応して、熱へ変換し、ヤケドになってしまいます。

ヤケドの跡は、だんだん薄くなるとしても、ヤケド自体を防がなければなりません。



このリスクを避けるためには、レーザー脱毛をするなら、日焼けはしないという対策を、徹底して行うことです。

この他のリスクとして、毛膿炎といった、ニキビができることもあります。
肌にあるバリアが機能が、照射によって一時的に失われることで、ニキビができやすくなります。
体質的に、ニキビが出来やすい人は、脱毛時にも注意が必要です。

うなじやフェイス、二の腕などにも、ニキビが出来やすい体質の人は、気をつけたいところです。
跡にならないよう、ケアも大切になります。